プロテインを飲む

皆さんこんにちは。今日はプロテインを飲む際によく言われるゴールデンタイムにまつわるお話をさせていただこうかと思います。

人間の身体は、運動後30分間以内に正しい栄養を与えられると、筋肉へのアミノ酸輸送量が3倍にアップ。さらにアミノ酸が再びたんぱく質へと変わって筋肉になる「タンパク同化」作用が進み、反対に疲労によるたんぱく破壊は減る、という実験結果が出ているわ。また、実験では運動後30分以降になると、タンパク同化作用はガクンと落ちて、約2時間経つと普段の働きまで戻る、というデータがあります。

これは長年筋肉を付けて肉体改造してきたボディービルダーや格闘家の方々の常識として浸透してきました。ですが、ゴールデンタイムを守らなくてもプロテインが役に立つのはご存知ですか?

現代の食生活では、必要なタンパク質の摂取が難しい事も多くあります。

それは便利なコンビニ等で売られていたりする「おにぎり」ですとか、お弁当類が多い事に問題があります。表示されている物は「カロリー」表記であり、栄養がいくら入っているかなんて表記はありません。

タンパク質は成長を促す役割が多く、妊婦の方ですとか、お年寄り、幼児が飲む事によって健康な肉体作りを促進してくれます。
実はこういった一般的な使い方がある事もあまり認知されていないのが、現代社会でありますので、もしお知り合いで健康に困っている、興味がある方がいらっしゃれば、私の記事をオススメしていただき、プロテインに対する偏見や誤解がなくなって有効に使って頂けるようになればと思います。

Comments are closed.