メーカーによってプロテインの良さは一長一短ある

色々なプロテイン

プロテインは様々なメーカーから発売されており、消費者である私たちは数多くの製品の中から自分に合ったプロテインを探し出して購入し、摂取します。メーカーによる効果の違いはそれほど大きくないと言われてはいるものの、やはり多少の差は存在するもので、メーカーによってプロテインの良さというのは一長一短あるのが現実です。だからこそそれらの違いを認識して、自分が求める効果を得られるプロテインを選ぶことが大切になるわけですが、ではどういった違いがあるのか?というのが問題になりますね。

メーカー名を挙げるといったことはしませんが、例えばAというメーカーのプロテインは、筋力アップのためと謳いつつも総合的な栄養バランスを考えて作られているため、筋力アップ向けなのにそれほど顕著に筋肉がつくということがなかったりします。反対に筋力アップのためと言ったらそれをトコトン突き詰めているBというメーカーもあるのですが、それは「総合的な栄養バランスは劣る」ということにも繋がります。

どちらが良いかはユーザーの考えや求めるものによって異なるため、一概には言えません。だからこそ「一長一短である」ということに繋がるわけですね。

メーカーAにはメーカーAの、メーカーBにはメーカーBの良さと悪さがあるわけで、それを取捨選択して一番自分にとって良い製品を選ぶことが大切になります。ですから、プロテインを摂取しようと思ったらまず勉強。これに尽きるんじゃないかなと。栄養素のことを学ぼうとすると大変ですが、どのプロテインがどういう効果を持ち、どういう摂取のしかたをすると良いのかくらいは、購入前に学んで理解しておくと、失敗することがないでしょう。

Comments are closed.