植物性と動物性、どっちのプロテインが良いのでしょうか

動物性と植物性

こんにちは。本日は知人から「プロテインを買おうと思うのだけど、動物性プロテインと植物性プロテインではどっちがいいの?」という相談がきました。私は長年ジムにも通い、プロテインに関しても自分の中に一本信念があるといいますか・・、意外と知られていないのだな、という感想を懐きました。

プロテインに含まれている成分に、商品を分けた考え方で動物性タンパク質と植物性タンパク質の2つが商品の主流になります。タンパク質というのは、筋肉を成長、肥大させる為に必要な成分であり、それを大量に摂取する目的で作られたのがプロテインだ、というのは大まかには間違ってはいません。
では、動物性タンパク質と植物性タンパク質はどちらがいいか?というのはこの2つの効用を考えてから語ったほうがよろしいかと思います。
まず動物性タンパク質は、肉、卵、魚、牛乳の中にあり、人間にとって必要な量のタンパク質が十分備わっています。ですがこの食品の中には脂肪やコレステロール等の肥満の原因になる物も多く含まれています。
(参考:プロテインという名称の語源はまさかの意味を持っていた

なので成人病などの方は気にしないといけませんね。ですが、これが足りていないと爪が割れる、疲労が貯まりやすくなる、身体がむくみやすくなる、といった事に繋がるので摂取しない訳にもいきません。
そして植物性タンパク質ですが、これは動物性タンパク質よりも活用率が下がり70~90%だと言われています。(動物性タンパク質は90%以上)
なので、もっとも過剰摂取に繋がりやすく、動物性タンパク質よりも神経を使う物だともいえます。ですが、コレステロール等を含まず、脂肪も少ないので成人病の方、妊婦の方等の栄養補給に最も向いているタンパク質であります。

ではどちらがいいかというと、実はどちらも計算してバランスを取る事が一番いいのです。どちらにも良い効果はありますし、お互いの欠点を補う効果があります。よければお試しください。

Comments are closed.